装飾 メインイメージ

施工事例

リフォーム

韮崎市 S店舗

既存の壁を撤去後、タイル施工を行いました。

施工前は赤色のガラス壁でした。

まずは既存壁を取り外す作業から行います。

タイルを貼り付けるための下地処理を行いました。

タイル貼り付け施工の様子です。足場を組み、安全を確保しつつ作業を行います。

正面だけではなく、自動ドア横にも丁寧にタイルを貼り付けていきます。

タイルを貼り終えたら、仕上げに目地処理を行います。目地(めじ)とは、タイルとタイルの隙間のことを指します。セメント等で作られた「目地材」を入れる作業を行うことで水やホコリ等の侵入防止や、見た目もきれいに仕上がります。

赤色のタイルを使用したことで、外観イメージを大きく変えずにリフォームが完了しました。

タイル壁は耐久性が高く、キズに強い外壁材です。強い日差しや風雨、雪などの気象変化にも強いため、色あせや変色もほどんどありません。新しいお店の顔として、たくさんのお客様をお迎えしてくれることでしょう。

サービス内容 外壁リフォーム(タイル)
工期 1週間
施工会社 ナガセキトーヨー住器(株)

施工事例 一覧へ